安心で確実な交通アクセス

01.バス留置き方式の採用
お客様に乗用車で会場または周辺まで乗り入れていただく方法は、周辺地域の渋滞を誘発し、結果的にお客様の来退場の支障になることに加え、他の行楽客や周辺環境にも悪影響を及ぼすことから、最終アクセスをバスとする「チケット&ライドシステム」を継続します。
ただし、会場から各指定駅や場外指定駐車場へ向かう復路については、お客様がレース終了後、雨天でもバスに乗車してお待ちいただけるよう、昨年のシャトル方式から、原則、バスを会場内にそのまま待機させておく「留置き方式」へ変更します。(近距離路線は除きます)
02.アクセス情報の提供
お客様がチケットの購入検討時に、観戦席までのアクセスに要する時間を予測できるなどスケジューリングの参考となるよう、以下の情報を3月下旬に発表予定です。

a.指定駅からバス乗降場までの距離と徒歩での所要時間(目安)
b.指定駅または場外指定駐車場と会場間のバスでの所要時間(目安)
c.場内バス乗降場から観戦席までの距離と徒歩での所要時間(目安)
03.場内外インフラ整備
場内バス乗降場を舗装するとともに、会場ゲートの改良および場内バス動線を整備します。
場外指定駐車場は、地盤の軟化などがないよう使用場所を一部変更します。
お客様がスムーズにご移動いただけるよう、場内の歩道については、一部拡幅または歩道橋を新設します。
PAGE TOP